新鮮なイカをこんがり姿焼き!冷めてもおいしいイカの姿焼きを通販でいかがですか? | イカの豆知識

いかの選び方

スーパーでイカを購入するとき、どんなイカを選んでいますか?
水中で泳いでいるイカの体全体は、内臓が見えるほどの透明感があり、斑点が黒っぽい色をしています。釣り上げられ、時間が経つとともに体全体が茶色っぽく、そして乳白色に変わっていきます。この色を見極めるのが、新鮮なイカを購入する最大のポイントです。
新鮮なイカの写真
新鮮なイカの特徴
・できるだけ透明感がありツヤがあるもの
・目が澄んでいてもりあがっているもの
・ハリ・弾力がありそうなもの
新鮮なイカをしっかり見極め、上手に買い物できると良いですね!

イカの保存方法

解凍したイカの写真

ご購入後、ワタ(内臓)は入ったままだと、傷みが進んでしまいます。できるだけ早くワタを取り出し、墨やくちばし、軟骨等を取り除き、皮をはがしておくのが良いです。

もちろん、買ったその日に食べてしまうのが1番新鮮で良いですが、保存をする場合は、下処理後、水気をよく拭きとり、ラップに包んで冷蔵・冷凍保存して下さい。
※保存期間は冷蔵3日、冷凍2週間以内が目安です。

冷凍保存したイカの解凍方法

直接イカが水に触れないようビニール袋などに入れ、袋の外側から流水にあて、半解凍のところで、お料理などにご使用下さい。

イカの種類

世界には、400種類以上のイカが生息しています。日本近海で獲れるイカは約100種類。そして、日本人の消費する魚介類の中で、最も多いのがイカです。
当店でも使用している「スルメイカ(真イカ)」は、最も漁獲量が高く、また日本の消費するイカの半数を占めており、最も馴染みのあるイカと言えます。刺身から、揚げ物、煮物まで、幅広く利用できる、日本の食卓には欠かせない食品です。

新鮮なイカを秘伝のタレで、こんが~り姿焼き!!

商品一覧を見る

お気軽にお問い合わせ下さい!! 0568-82-6373 営業時間 10:00 - 18:30 不定休

海鮮焼 笑福(わらふく)
〒486-0844
愛知県春日井市鳥居松町3-106
新鮮な真イカを使用し、秘伝のタレに漬け込んだ後、こんがり姿焼きに♪熱々はもちろん、冷めてもおいしいのが当店の「イカの姿焼き」!!通販はじめました~。
お問い合わせ 0568-82-6373
メールでお問い合わせ

ページの先頭へ